50万円以上申込み時

カードローンにおいて、50万円という金額は1つの区切りとなります。消費者金融のカードローン申込みは、保証人も担保の不要です。通常免許証1つで申込みできてしまうという手軽さが、消費者金融の人気の秘密の1つです。しかし、50万円を超える金額の借入れを申込む時には、必要な書類が増えます。それは収入証明書類です。

 

収入証明書類とは、自分の今得ている収入について証明する書類をいいます。例えば源泉徴収票や納税証明書、給与明細などがこれにあたります。特に急ぎでお金が必要な時に、これらの書類の用意は意外と面倒です。

 

源泉徴収票などが手元にあればいいのですが、ない場合には手配をしなくてはいけません。収入証明書類の中では、給与明細が手元にありそうかもしれません。ただし、カードローン申込み時に提出する場合の給与明細は、直近であり、かつ2カ月分求められるケースが多いです。さらにボーナスが支給されている場合には、その時の給与明細も求められる可能性があります。

 

50万円を超える借入れを希望していて、かつ収入証明書類も用意しないで申込みをする方法もあります。消費者金融ではなく、銀行のカードローンであれば、収入証明書類不要で50万円を超えるカードローンの申込みが可能です。

 

オリックス銀行カードローンの場合であれば300万円まで収入証明書類が原則不要となっており、大きな金額まで提出書類を抑えて手続きが進められるようになっています。おまとめや借り換えとしての利用にも対応をしているので、今のカードローンからの乗り換えを考えている方も借り換え先のローンとしてオリックス銀行カードローンは適しています。